台風は平年並かやや多め--秋の天気傾向をウェザーニューズが発表
今年の秋はどんな天気になる?

ウェザーニューズは、9〜11月の天気傾向を発表。気温は平年と比べて大きく変わらず、台風の発生数は平年並みかやや多くなりそうだ。

8月下旬は気温が平年を大きく下回る傾向が見られたが、9月前半は一時的に残暑が戻り、一部では最高気温が32〜33℃に達する見込み。9月後半の気温は平年並となる予想で、前線や台風の影響を受けやすいため天気が荒れる日もありそう。


10月の気温は平年並で、秋の深まりは順調に進みそうだ。10月下旬は寒気が南下し、北陸や北日本の日本海側で時雨(しぐ)れる日が増える。北海道では平年並の時期に初雪を観測する見込み。平年の初雪は旭川市が10月23日、札幌市が10月28日。

11月は北日本に寒気が流れ込み、日本海側は曇りや雨の日が多くなりそうだという。ただし東・西日本までは寒気が南下せず、気温は平年よりやや高くなる予測。

順調に秋が深まりそう
順調に秋が深まりそう

台風の発生数については、9月以降は平年並かやや多い見込み(平年:11.9個)。9月は台風の発生場所が例年より東寄りになると見られ、海水温が高い海域を長い時間通過することで大きく発達する可能性がある。9月下旬には日本に接近する恐れもあるため注意が必要。10月以降は、台風が発生しても日本列島から南に離れたエリアを通過しやすくなるため、日本への影響は小さいと見られる。