最近では、ハロウィンで仮装するのが、子どもや20代前後の若い男女の間で流行っているようだ。ハロウィンシーズンになると、渋谷駅周辺は白雪姫や魔女などに仮装した若い男女でいっぱいになる。

これらの仮装用のコスチュームを販売しているのが、Amazon.co.jp(アマゾン)の「ハロウィンストア」だが、今年も8月28日にオープンした。


アマゾンが「ハロウィンストア」をオープン―今年は何に変装する?
「ハロウィンストア」がオープン

「ハロウィンストア」では、特に、年々高まるコスチューム人気で、子ども用から大人用まで12万点以上のコスチュームを用意した。人気のキッズコスチュームは、昨年比で約5,000点増の16,000点以上を取り揃えている。

コスチュームには、「スター・ウォーズ」「シンデレラ」などの今年話題のキャラクターに加え、魔女やドラキュラ、ゾンビといったコスチュームなど、悪役をテーマにしたものも販売する。

また、コスチュームのカスタマイズや小物のハンドメイドで、ハロウィンを手作りでも楽しめるように、コスチュームのデコレーション用品や小道具のハンドメイド材料の品揃えを充実させた。

さらに、今年のハロウィンは、当日の10月31日が土曜日に当たり、昨年以上にホームパーティーが増えると想定されることから、ハロウィン限定のお菓子やホームパーティー用の食材をはじめ、インテリア、雑貨、音楽、書籍などの品揃えも強化している。

ちなみに、ハロウィンの市場規模は、2014年時点で前年比約9%増の約1,100億円と推計される。