フィットネスジムを展開するRIZAP(ライザップ)は、医療ビッグデータを活用したサービスの開始を発表した。顧客の将来的な医療費を推計すると共に、より精度の高いトレーニングの提供を目指す。

ライザップ、ますます本気に?--医療ビッグデータを活用したサービス開始
将来的な医療費を推計してくれる

同サービスでは、血液検査製品&サービス「DEMECAL」などにより取得した顧客の血液検査や体組成計のデータを活用。統計解析モデルと連動させることで、顧客の将来の医療費負担額を推計する。RIZAPでのトレーニングにより、負担額の軽減をどれだけ期待できるかも可視化するそうだ。


RIZAPは同サービスのメリットについて、フィットネスジムの費用対効果を医療費の観点から説明することで、カウンセリングに来た顧客が安心して利用を開始できると説明。また科学的見地、医学的見地の双方から、より精度の高いトレーニングを提供することが可能になると予測している。