NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、電力の利用状況から居住者の活動状況を把握できるサービス「おげんきりずむ(仮称)」のフィールドトライアルを8月に開始する。離れて暮らす家族の健康状況を見守りたいといったニーズに応える。

親の安否は電力が教えてくれる--NTTコムがフィールドトライアル
1人暮らしの親もこれで安心かも

同サービスでは、1人暮らしの高齢者世帯などの分電盤にIoT機器(センサー)を設置。利用電力の推移から生活リズム(睡眠時間/外出時間/在宅活動時間)を判断し、その結果をスマートフォンアプリで“見える化”する。過去の生活リズムと比較した変化も把握できるほか、居住者が長時間活動していない場合には、アプリに「ちょっと心配メッセージ」などの通知が送られる。利用電力の上昇・下降には、家電製品などの自動的な動作によるものと人間の機器操作によるものがあるが、NTTネットワーク基盤技術研究所が開発した「行動活性度判定技術」により峻別できるそうだ。


フィールドトライアルはNTT Comと医療法人社団 博友会 金沢西病院が連携して行い、事業化に向けた検証を進める。サービスの提供予定時期は2016年春。提供予定価格は、電力センサーやネットワーク接続装置などの初期費用が1万円程度、アプリやモバイルネットワークの利用料が月額1,000円程度。