「Windows 10」の公開を目前に、ちょっとした混乱が起きている。原因は、日本マイクロソフトがエンジニア向けサイト「TechNet」に掲載したブログだ。

「Windows 10への無償アップグレードを抑止する方法
 
事前準備
----------
現在Windows Updateにて配信を行っております、以下の更新プログラムを抑止したい環境にインストールし、後述の実施手順をご利用頂くことで、Windows Update経由でのWindows 10のダウンロードおよびインストールを抑止することができます。」


これを読んで、何もしなければWindows 10へ強制的にアップグレードされるのではないか、と誤解したユーザーが多数いたようだ。

そこで、日本マイクロソフトでは、以下をブログに追記した。

「追記: Windows 10の無償アップグレードは、自動的にアップグレードが行われることはございません。
アップグレード対象と指定されたデバイスをご利用のユーザー様が、Get Windows 10アプリなどから予約いただくことで、今後アップグレードいただくことが可能となっています。」

しかし、いったんWindows 10にアップグレードしてしまうと、ホームユーザーに対する月例更新は廃止になり、一部のエディションを除き、自動更新が強制になるようだ。

Windows 10は、初めて無償でアップグレードできるWindowsで、Cortana、Microsoft Edge、Xboxと統合されるなど、マイクロソフトの期待を一身に担う最後のWindows OSであるが、強制的な自動更新に対するユーザーの不満はまだ解決されていない。

Windows 10へのアップグレードは強制的か―日本マイクロソフトがブログに追記して回答
もうすぐWindows 10が…