ヤフーの発表によると、インターネットオークションサイト「ヤフオク!」の「Yahoo!官公庁オークション」で、2014年度の落札総額が46億3,719万6,705円になった。

内訳は、「インターネット公売」15億2,347万6,035円、「公有財産売却」31億1,372万670円。


「インターネット公売」では、広島県が出品した「キャデラック 1911年型」「T型フォード 1923年型」などの高級クラシックカー計3台が、1,109万3,000円で落札された。

ヤフー「官公庁オークション」の2014年度落札総額が46億、キャデラックなどが出品
キャデラック 1911年型

また、「公有財産売却」では、川崎市等々力陸上競技場の座席計20個を出品した。法務省も初参加でソファーを出品した。

「Yahoo!官公庁オークション」とは、税金滞納者の差し押さえ財産を売却し、滞納者の未納税金などの支払いにあてる「インターネット公売」や、不要になった官公庁所有の財産を売却し、実施行政機関の歳入にあてる「公有財産売却」など、行政手続きの一部をインターネットで実施するサービス。

「ヤフオク!」では、2004年7月から「インターネット公売」、2007年1月から「公有財産売却」を実施している。