キヤノンITソリューションズは、ウイルス感染したPCを自動的にネットワークから切り離して社内環境を守ることができるソリューションを販売開始した。

ウイルス感染したPCを自動的に切り離す--社内ネットワークを守るソリューションがキヤノンから
運用イメージ図

同ソリューションは、ウイルス対策ソフト「ESET」と、不正端末接続検知/遮断システム「NetSkateKoban Nano」(開発元:サイバー・ソリューションズ)の機能を連携。ESETがウイルスを検出し、NetSkateKoban Nanoと連動してネットワーク環境から感染したPCを遮断することで、二次感染やデータの改ざん、情報漏えいなどのリスクを回避できる。ウイルスの駆除や隔離、感染したPCの対応などの復旧作業も安全に行えるそうだ。


マイナンバー制度への対応を控え、企業に対して改めて不正アクセスの防止や情報漏えい対策が求められている昨今。キヤノンITソリューションズは不正接続検知/遮断ソリューション事業を強化していくとしている。