旅行口コミサイトのトリップアドバイザーが、観光地として人気がある世界40都市の旅行コストを比較調査した「旅行者物価指数(トリップインデックス)2015」を発表した。

「旅行者物価の最も安い都市」はベトナムのハノイで、昨年に続いて2年連続で選ばれた。


旅行者物価指数は、6月〜8月の夏期における、各都市の現地での出費の平均値から算出されている。2名で3泊の旅行を想定し、4つ星ホテルで3泊宿泊、計3か所の観光スポットを訪問、昼食と夕食、また、夕食をとるレストランへのタクシー往復費用の平均値を合計している。

調査の結果、旅行者物価の安い都市ランキングではベトナムのハノイが平均8万7,699円で第1位、一方、旅行者物価の高い都市のトップはメキシコのカンクンで24万1,845円と、ハノイのおよそ3倍だった。

旅行者物価が安い都市はハノイ、東京は高い都市ランキング7位
旅行者物価の安い都市 トップ10
順位の()内は昨年度順位、緑色は同項目を他都市と比較した最安値、オレンジ色は最高値

旅行者物価の安い都市ランキング10に、東南アジアから4都市がランクインしている。世界的に見ても東南アジアはコストパフォーマンスの高い旅行先が多い。

しかし、ヨーロッパにもリーズナブルに滞在できる観光都市がある。ワルシャワ(ポーランド)、リスボン(ポルトガル)、ベルリン(ドイツ)の3都市は、それぞれ2位、6位、10位にランクインした。

一方東京はというと、「旅行者物価の高い都市」 第7位にランクイン、2名3泊の滞在で19万593円かかり、カンクン(メキシコ)、チューリッヒ(スイス)、ニューヨーク シティ(アメリカ)、ロンドン(イギリス)、プンタ カーナ(ドミニカ共和国)、 パリ(フランス)に続いている。

旅行者物価の高い都市 トップ10
旅行者物価の高い都市 トップ10
順位の()内は昨年度順位、緑色は同項目内の最安値、オレンジ色は最高値