日本郵政は6月10日、建設工事情報発注メールサービス登録者の情報を誤送信した、と発表した。

誤送信したのは6月8日。誤送信の発生した場所は、日本郵政不動産部門施設部で、建設工事発注情報メールサービス登録者の情報約7,500件(登録者名、メールアドレス、電話番号、住所)を、建設工事発注情報メールサービス登録者約7,500者に誤送信した。


誤送信先には、誤送信の約2時間後に情報の削除を依頼したという。

日本郵政は、日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命など日本郵政グループの持ち株会社。

日本郵政がメールサービス登録者情報約7,500件を誤送信
日本郵政 Web ページ