サンワサプライからブレーカー内蔵電源タップ「TAP-3405」が発売された。すべての電源をオン/オフできる一括集中スイッチ付き。

 サンワサプライから一括集中スイッチとブレーカー内蔵の4個口電源タップが発売
「TAP-3405」

TAP-3405 は、PC とその周辺機器向けに最適な 3P、4個口の電源タップ。不意のプラグ抜けを防止できる差込口を採用しており、作動中の電源切断が原因で PC や HDD が故障するのを防ぐ。


通電ランプを兼ねた一括集中スイッチ付きで、すべての接続機器の電源オン/オフを一つのスイッチで管理、また、接続機器の消費電力が 1,500W を超えた場合、 内蔵ブレーカーが自動的に電源を切断、 電力オーバーによる発熱や火災事故を未然に防ぐ。

タップの筐体にはアース端子が付いており、 電源コードは断線しにくい二重被覆構造。プラグは 3P だが、2P に変換するプラグが付いており、 アース端子付きコンセントがなくてもそのまま使用できる。