ソニーは、Bluetooth スピーカー内蔵の LED 電球「LSPX-100E26J」を5月23日に発売する。一般的な電球ソケット(E26口金)に対応しており、電球の代わりに取り付けるだけで照明が音楽再生機器に早変わりし、音楽プレーヤやスマートフォンから音楽をワイヤレス再生できる。価格はオープンだが、市場推定価格は2万4,000円(税別)前後と見込む。直販サイトの販売価格は2万3,880円(税別)。なお、MiPow ジャパンも同様の製品「PLAYBULB」を販売している。

ソニーが Bluetooth スピーカー内蔵 LED 電球を発売、光と音楽が降り注ぐ
光と音楽が降り注ぐ新しい空間

LSPX-100E26J は、Bluetooth スピーカー機能を LED 電球と組み合わせ、通常の LED 電球と同等サイズで実現させた製品。E26 口金の電球ソケットに電球と同じように差し込むだけで使えて、電源確保やスピーカー用の配線など手間のかかる作業は必要ない。そのため、キッチンや洗面所などスピーカー設置が難しかった場所でも、手軽に音楽が楽しめるようになる。光の色は落ち着いた電球色なので、ダイニングやリビングルーム、寝室などくつろぎたい空間の照明にも適している。


Bluetooth スピーカーと LED 電球が一体化
Bluetooth スピーカーと LED 電球が一体化

キッチン、ダイニングやリビングルーム、寝室などに
キッチン、ダイニングやリビングルーム、寝室などに

音楽は、スマートフォン、タブレット、パソコン、音楽プレーヤなどから Bluetooth で無線送信する。付属リモコンが NFC に対応しており、スマートフォンなどの機種によっては面倒な設定をせずワンタッチ接続できる。ソニーのスマートフォン用アプリケーション「SongPal」(iOS 版・Android 版)で再生や調光などのコントロールが可能。付属リモコンでも音量調整、調光、スリープ機能の設定が行える。

スマホやリモコンで操作
スマホやリモコンで操作

LED 電球スピーカー「LSPX-100E26J」の紹介ビデオ

※画像は製品の公式ページから