2D のアバターを通してコミュニケーションできる iOS 用アプリ「なりきろいど」を、ヤフーが公開した。 Android 版は今夏に公開される予定。

ユーザーの表情に合わせて表情が変わる 2D アバター「なりきろいど」、ヤフーが公開
2D アバター「なりきろいど」

「なりきろいど」は、ユーザーの表情に合わせて動くアバターで、顔認識機能を搭載する。ユーザーの表情に合わせて変化する 2D アバターの表情や動きと、音声・テキストチャットを組み合わせて、新しい感覚のコミュニケーションを提供する。


ユーザーの表情に合わせて動く
ユーザーの表情に合わせて動く

ユーザーは、10億通り以上の組み合わせができるパターンが用意されたアバター用パーツを使い、オリジナルの 2D アバターを作成し、“ニックネーム”や“興味タグ”などのプロフィール情報を登録する。

チャット相手は“興味タグ”が一致する相手とランダムでマッチングする「ランダムワープ」機能で探し、「ランダムワープ」を繰り返しながら、話し相手を見つけていく。

そのほか、アバターを使ってしゃべった映像や音声を記録する動画録画機能もある。動画は Web 上にアップロードして SNS でシェアでき、ユーザーの代わりであるアバターが、アプリ外でも活動できる仕組みだ。

「なりきろいど」 の紹介ビデオ