映画『スターウォーズ』に登場するロボットの投影式バーチャルキーボード「R2-Q5 バーチャルキーボード LIMITED EDITION」が、全世界500個限定で販売される。価格は3万3,480円(税込)、サイズは本体約 H98×W70×D51mm。

R2-Q5 から投影されるキーボードに触れると、Bluetooth で接続された機器に文字が入力され、同時にオリジナル音声が発せられる。


スターウォーズ R2-Q5 バーチャルキーボードのスピンオフ、限定プレミアムで発売
「R2-Q5 バーチャルキーボード LIMITED EDITION」
これは、昨年発売された「R2-D2 VIRTUAL KEYBOARD」からのスピンオフアイテム。全世界で500個のみ、5月4日「 スター・ウォーズの日 」に、「imp.」(インプ)ブランドでラナから発売される。

対応する機種は、Bluetooth HID プロファイルに対応した、iOS 以上の iPhone/iPod touch/iPad 及び iPad mini、Android 4.0 以上のスマートフォン及びタブレット端末、Windows 7/8、MacOS X 以上。

3月20日から直販サイト「ラナタウン」で先行予約受付が開始されている。5月中旬から順次出荷される予定。

imp. は、「スター ウォーズ」のキャラクターをモチーフにしたデジタルガジェットを展開する、ラナのブランド。

紹介ビデオ