テレビやモニターの HDMI に接続して画面を拡張できる「Microsoft Wireless Display Adapter」(マイクロソフト ワイヤレス ディスプレイアダプター)と、「Microsoft Universal Mobile Keyboard」(マイクロソフトユニバーサル モバイル キーボード)が、日本マイクロソフトから3月6日に発売される。

両製品とも、全国家電量販店やオンラインストア「Microsoft Store」で販売されるが、発売に先立ち、2月21日から予約受付が開始される。


Wireless Display Adapter は、専用アプリや Wi-Fi アクセスポイントを必要としない。ワイヤレスディスプレイ規格の「Miracast」を採用しており、HDMI 入力端子を備えたテレビやモニターに接続するだけで、Miracast に対応した PC、タブレットやスマートフォンの画面を、ワイヤレスで、簡単にミラーリング接続したり、画面を拡張したりできる。

Windows 8.1 と Android 4.2.1 以降に対応、Windows 8.1 搭載 PC やタブレット、Android 4.2.1 以降を搭載した Android デバイス(Miracast 対応)で利用できる。

参考価格は6,980円(税別)。

Windows や Android などにマルチ対応するディスプレイアダプタとキーボード、日本マイクロソフトが発売
テレビとの接続例

Universal Mobile Keyboard には、ブラックとグレーの2色がある。

Windows、iOS および Android のマルチ OS に対応、キーボード右上部にあるスイッチで切り替える。Bluetooth で最大3台まで同時にワイヤレスで接続できる。タブレット/スマートフォン スタンドにも利用できる。

参考価格は7,980円(税別)。

「Microsoft Universal Mobile Keyboard」(ブラック)
「Microsoft Universal Mobile Keyboard」(ブラック)