Sansan は、無償提供しているスマートフォン対応クラウド名刺管理サービス「Eight」において、有料オプションの追加機能サービス「Eightプレミアム」を提供開始した。Eightプレミアムを契約すると、撮影した名刺のデータ化が無料ユーザーより迅速に行われるようになるうえ、名刺データのダウンロードなどが行えるようになる。有料オプションの料金は、月額400円または年額4,000円(いずれも税込)。

スマホ名刺管理アプリの有料版「Eightプレミアム」、データ DL 可能となりデータ登録も迅速に
優先データ化やデータ ダウンロードに対応
Eightプレミアム

Eight は、名刺データをクラウド環境で管理するサービス。パソコンからアクセス可能な Web サイトで利用できるほか、Android 版と、iPhone などで利用可能な iOS 版のスマートフォン アプリケーションからも使える。名刺のデータ登録は、名刺をスキャナでスキャンしたり、スマートフォンで撮影するなどして画像化すると、システムが OCR したのちサービスの担当者が手作業で入力してくれる。そのため、名刺を手間なく正確にデータ化できる。さらに、Eight 上ではユーザー同士で“つながる”ことができ、昇進や引っ越し、転職などで相手の名刺情報に変化があると、自動的に変更が反映される。Eight の Web サイトによると、ユーザー数は50万人という。


Eightプレミアムでは、Web サイト版サービスから CSV 形式名刺データのダウンロードが行える。これにより、名刺データをほかのソフトウェアに取り込んで、宛名ラベルを作成したり、メールの一斉送信に利用したりといった活用が可能になる。もちろん、データをバックアップしておくことにも利用できる。

また、名刺の画像データを送信してからデータ登録が完了するまでにかかる時間が短縮されるという。Sansan はデータ化に必要な期間を明らかにしていないが、無料の通常ユーザーよりもプレミアム版ユーザーのデータ化を優先的に行い、約3分の1の時間でデータ化を終えるとしている。

そのほかにもプレミアム版は、送信した名刺の全項目(会社名、氏名、電話番号、メール アドレス、部署・役職、郵便番号、住所、FAX 番号、携帯電話番号、Web サイト URL)がデータ化される。通常の無料版では、データ入力処理が混んでいる場合は、基本4項目(会社名、氏名、電話番号、メール アドレス)のみしかデータ化されないことがあるそうだ。

Eightプレミアムを利用するには、Eight の iPhone/Android アプリケーションでメニューから「プレミアム」を選び、アプリケーション内課金で利用を申し込む。

iPhone/Android アプリから申し込む
iPhone/Android アプリから申し込む