ソニーは、ランニングによるトレーニングを楽しみながら続けるためのウェアラブル システム「Smart B-Trainer(スマートビートレーナー)」として、同システムを構成するネックバンド型ヘッドホン「SSE-BTR1」と、管理用の無償スマートフォン アプリケーション「Smart B-Trainer for Running」を3月7日にリリースする。ヘッドホン単体で基本的な音楽再生が可能なほか、心拍数に合ったテンポの楽曲を自動選曲でき、音声アドバイスが受けられる。スマートフォンと連携させると、トレーニング メニューの選択、ランニング ログの記録などが行える。SSE-BTR1 の価格はオープンだが、市場推定価格は2万7,000円(税別)前後と見込む。

ソニー「Smart B-Trainer」、心拍数に合う曲を自動再生してランニングをサポート
ランニングを支援するウェアラブル システム
Smart B-Trainer

SSE-BTR1 は、ネックバンド スタイルを採用することで、ランニングなどのスポーツをしてもずれにくいという。IPX5/IPX8 相当の防水性を備えており、汗や雨を気にすることなく使える。モノラル マイク搭載により、Bluetooth ヘッドセットとして走りながらのハンズフリー通話なども可能だ。


ネックバンド型ヘッドホン SSE-BTR1
ネックバンド型ヘッドホン
SSE-BTR1

内蔵メモリーの容量は 16GB あり、最大で約3,900曲の楽曲を転送し、好きな音楽を聴きながらトレーニングできる。心拍数をリアルタイムに計測し、ランナーの状況に応じて最適なテンポの楽曲を自動選曲/再生することで、「楽しく効率的」なトレーニングを支援するとしている。さらに、好みに応じて楽曲のテンポを調整できる。

搭載しているセンサーは、前述した心拍センサーに加え GPS/加速度/ジャイロ/電子コンパス/気圧センサーの合計6種類。これらを使用し、心拍数、消費カロリー、距離、時間、スピード、ペース、ピッチ、歩数、ストライド、走行ルート、高度の11種類のデータをランニング ログとして記録する。

ランニング ログは、Smart B-Trainer for Running に転送して確認できる。過去の記録と比べたり推移を調べたりすることも可能。トレーニング開始前には、自分の目的やレベルに合わせたトレーニング メニューを選び、Bluetooth 経由で SSE-BTR1 に転送しておくようにする。

スマホ アプリと連携
スマホ アプリと連携

トレーニング メニューは、時間/距離/消費カロリー/ペースなどのランニング目標を設定するといった基本的な「ベーシック トレーニング メニュー」、プロのトレーナーなどが監修した「プレミアム トレーニング メニュー」の2種類。後者としては、発売時に「経験ゼロ→30分走れるようになりたい」「キロ8分→6分ペースで走れるようになりたい」などのプランを用意するほか、2015年夏に「10キロレースを90分以内で走りたい」「フルマラソンでサブ4を目指したい」のようなプランを追加する。

カラー バリエーション ブラック/ブルー/ピンク/ホワイト
カラー バリエーション
ブラック/ブルー/ピンク/ホワイト