NTT ドコモ、NTT 都市開発、NTT データ、NTT ファシリティーズの4社は、サイクルシェアリング事業を行う合弁会社「ドコモ・バイクシェア」を2月2日に設立した。

ドコモなど、サイクルシェアリング事業の合弁会社設立--コンサルティング業務も展開
事業スキーム

現在 NTT ドコモは、神奈川県横浜市、東京都江東区、宮城県仙台市、東京都千代田区、東京都港区において、サイクルシェアリング事業(コミュニティサイクル)および実証実験を実施している。自転車本体に通信機能や GPS 機能、遠隔制御機能(自転車の貸出・返却制御や電動アシスト機能のバッテリー残量の把握など)を搭載したシステムを利用することにより、市街地の限られたスペースでも柔軟にサイクルポートを設置できるそうだ。2月22日には広島県広島市においてサービスの提供開始を予定している。


新会社のドコモ・バイクシェアは、NTT ドコモが取り組んできた自治体のサイクルシェアリング事業の運営を担う。また、ほかのサイクルシェアリング事業者へのシステム提供やコンサルティング業務なども展開する。