サンワダイレクトは、光学ズーム最大200倍のレンズを搭載し、パソコンに USB 接続して観察/撮影できるデジタル顕微鏡「デジタル顕微鏡(USB 接続・最大光学200倍・30万画素・マイクロスコープ)400-CAM037」を発売した。販売価格は3,685円(税抜)。

パソコン画面で観察できる、光学最大200倍の USB 顕微鏡
パソコン画面で観察できる、光学最大200倍の USB 顕微鏡

この製品は、パソコンと USB 接続できるデジタル顕微鏡。試料をパソコンの画面に映して、観察しながら写真が撮れる。手元の赤い撮影ボタンを押すと、パソコンへ画像データとして保存できる。手ブレ防止のスタンドと画像加工ができる専用ソフトが付属する。


倍率とピントの調整は手元のズームダイヤル1つで行える。倍率は25倍から200倍で設定でき、高倍率と低倍率の2箇所でピント調整をする。手ブレ防止のスタンドが付属しており、両手を自由にしたまま観察できる。

レンズの周りには LED ライトを8灯搭載しており、暗所や接写撮影の際も被写体を照らしながら撮影できる。付属の専用ソフトウェアで、2倍までのデジタルズームや、明るさやコントラストなどの画質調整、6パータンの画像効果設定などが可能。

サイズは、幅110×高さ33×奥行き33mm。重量は約100g。撮影解像度はVGA(640×480)で、静止画保存形式は JPEG。カメラセンサーは、30万画素の CMOS センサーを採用している。