パナソニックはコミュニケーションカメラ「LUMIX DMC-CM1」を発売する。薄さ 15.2mm のポケットサイズに一眼並みの性能を実現し、1台で SNS やクラウドにシェアすることができる製品として発表している。

15.2mm の薄さに一眼の機能、コミュニケーションカメラ「LUMIX DMC-CM1」登場
高性能を気軽に持ち歩けるカメラ「LUMIX DMC-CM1」

「LUMIX DMC-CM1」は、2,010万画素1.0型高感度 MOS センサー、ライカ DC レンズを搭載したデジタルカメラだ。これにより、デジタル一眼並みの高精細な画質、幅広い表現力、ノイズの抑制などを実現した。また、タッチパネル式の操作画面により、直感的な操作が可能となっている。


細部まで鮮明に描写するライカ DC レンズを搭載
細部まで鮮明に描写するライカ DC レンズを搭載

本体に高速 LTE 通信、レタッチ機能を搭載。これ1台で、写真のレタッチができる他、SNS へアップしたりクラウドに保存したりできる。また、Android 端末としても機能し、Google Play 上の様々なアプリをダウンロード・利用できる(Wi-Fi 環境または SIM カードによる通信環境が必要)。

撮った写真を1つの作品に仕上げられるレタッチ機能
撮った写真を1つの作品に仕上げられるレタッチ機能

シャッターチャンスを確実にものにするアプリ「4 K プリ連写」も標準搭載。シャッターを押した前後1.5秒間を15コマ/秒連写で記録し、45枚の写真から好きなものを選んで残すことができる。子供やペットなどの動く被写体の決定的瞬間を撮影する際に有用だ。

決定的瞬間を逃さない「4 K プリ連写」
決定的瞬間を逃さない「4 K プリ連写」

発売予定は3月12日、限定2,000台を販売する。価格はオープン。