リコーは、インタラクティブホワイトボード(電子黒板)の新モデル「リコー インタラクティブ ホワイトボード D5510」を1月26日に発売。ビジネスや教育現場における会議やコラボレーションの効率化・活性化を促進する。

議事録作成までスムーズに--リコー、インタラクティブホワイトボードの新モデルを発売
インタラクティブホワイトボードで会議を効率化

同製品は、2013年2月に発売した「リコー インタラクティブ ホワイトボード D5500」の後継機。ユーザーインターフェースや電子ペンの書き心地などを改善し、使いやすさを高めてあるという。また、手書き文字をテキストデータに変換する OCR 機能(14言語に対応)や図形描写機能、スタンプ機能が新たに搭載されており、議事録作成やファイル検索などに活用できる。


ネットワークを経由した遠隔拠点との画面共有については、接続可能台数が従来の4台から20台に拡大。遠隔拠点とのスムーズなコラボレーションを実現する。このほかに HDMI 端子やスピーカ端子が追加されており、拡張性が向上している。

オプションの専用スタンドを装着した「リコー インタラクティブ ホワイトボード D5500」
オプションの専用スタンドを装着した「リコー インタラクティブ ホワイトボード D5500」

価格はオープン。販売目標は年間1,500台としている。