サンタクロースが世界中の子供たちにクリスマスプレゼントを配る旅を、NORAD が追跡し始めたのは、1955年のことだそうだ。

NORAD の正式名称は、North American Aerospace Defense Command(北米航空宇宙防衛司令部)。米国とカナダ政府が共同運営する組織で、世界中の戦略的軍事施設を監視したり、有事には敵国からのミサイル攻撃などをいち早く発見する、軍事組織なのだが、クリスマスに限って、サンタクロースの空の旅を見守る役目も担っている。


なにしろ、最近は、小さくて小回りの利く無人ヘリコプター、ドローンがあちこちで飛び回っているので、サンタクロースの旅は、以前よりもかなり危険なのだそうだ。

今日はもう、クリスマスイブ、12月24日。今夜はサンタの旅の様子を Google や Microsoft も追跡している。

2014 サンタクロースの旅、Google もマイクロソフトも追跡
NORAD facebook ページ