GMO インターネットのドメイン登録サービス「お名前.com」が、ユーザー情報の大規模な情報流出を起こしてしまった。同サービスのメールマガジンを配信する際、不必要なユーザーの法人名/名前、ドメイン名、会員 ID を記載した状態で、無関係な別人に送信したのだ。メールの送信件数は16万4,650件におよぶ。

「お名前.com」メルマガでユーザー情報流出、誤送信メールは16万4,650件
お名前.com の Web サイトに掲載された
状況説明の記事
(出典:GMO インターネット)

メールに記載されていた情報は、本来の送信先ユーザーとは異なるユーザーの「法人名または名字(姓)」「ドメイン名」「会員 ID」。必要のない情報をメールに記載したこととそのまま誤送信の理由について、GMO インターネットは「作業上のミス」とだけ説明している。


GMO インターネットはこのメールを受け取ったユーザーなどに当該メールの破棄/削除を依頼しているが、情報流出を防ぐことは難しいだろう。

なお、GMO インターネットはお名前.com の ID 変更方法を Web サイトで案内している。