米国 Amazon.com は、英英辞書の機能を電子書籍に組み込む「Word Wise」、家族間で Kindle ライブラリを共有する「Family Library」などの機能を含む Kindle ソフトウェアアップデートを発表した。Kindle と Kindle Voyage、最新の Kindle Paperwhite の3機種が対象。自動的にアップデートされるが、公式サイトからダウンロードすることも可能だ。

電子書籍リーダー「Kindle」アップデート、家族間で書籍の共有が可能に
行間に単語の英英訳が表示される

World Wise 機能は、Kindle 書籍に難しい単語が出てきたとき、その意味をシンプルで短く説明した英文が単語の上に表示されるというもの。複数の意味を含む単語をタップすれば、意味の一覧が表示される。同機能は、すでに数千冊のタイトルに実装されているという。英語の学習者や、難しい本を読みたい子どもに便利な機能だ。


1台の端末が2つのアカウントとリンクする
1台の端末が複数のアカウントとリンクする

Family Library は、1台の端末で、2つのアカウントの Kindle ライブラリにアクセスできるというもの。パートナーや家族間で、ライブラリを共有できるようになる。

また、月額2.99ドルで子ども向けの書籍が読み放題になる「Kindle FreeTime Unlimited」、書籍中の画像や重要な項目などを表示できるようになった「X-Ray」機能の進化、読書履歴などを共有するサービス「Goodreads」との連携強化などもアップデートに含まれる。