日本経済新聞社は、オンラインメモアプリケーションの米国 Evernote に2,000万ドルを出資し、業務面でも提携すると発表した。2015年初頭から Evernote で文書を作成する際、参考資料として関連する日経の記事があらわれ、簡単に引用できるようになる。

日経と Evernote が提携--ノート作成中に関連ニュースを自動表示、引用可能に
Evernote で文書作成中に日経の関連ニュースを自動表示、引用可能に

Evernote は10月に有料版ユーザー向けの新機能「コンテキスト」を発表。これはノートにテキストなどを入力すると、過去のノートを自動で検索し、関連情報を引用できるというもの。Evernote 上のノートだけでなく、米国の著名経済紙 The Wall Street Journal などの記事も検索、引用可能だ。


今後、Evernote の有料版ユーザーは日経の記事を簡単に引用できるようになる。ただし日経の有料サービスも契約していることが条件。日経電子版に掲載している朝刊、夕刊、および電子版独自記事が対象だ。

一方で日経電子版でも、記事を読む際に関連する Evernote のノートを自動で表示できる機能が加わる。企業の動向などに関する記事を読んでいると、過去に Evernote に保存した取引先の名刺や競合の製品情報があらわれるといった具合だ。

これらの機能は使えば使うほどユーザーに合った情報を得やすくなるという。

このほか日経グループの新聞、雑誌記事、企業・人事情報などを検索できる会員制情報サービス「日経テレコン」では、2015年早期に見出しやキーワードなどの記事情報をクリックひとつで Evernote で保存可能になる。

なお、両社は販売面での協力も進め、共同のキャンペーンなどを通じてそれぞれのサービス拡大を図るとしている。