ネットワーク機器 ODM ベンダーのサーコム・ジャパンは、EoC(Ethernet over Coaxial)ネットワーク装置の EAV112(親機)、EAV424(子機)の販売を開始する。

サーコム・ジャパン、テレビ用同軸ケーブルでインターネットに接続する EoC ネットワーク装置を販売
テレビ用同軸ケーブルでインターネットに接続する EoC ネットワーク装置

EoC は、テレビ用の同軸ケーブルで安定した高速ネットワークを構築しやすいという特徴があり、LAN ケーブルが施設されていない建築物が多いアジア圏を中心に普及が期待されている。また、日本ではインターネットの普及に伴い進んでいる屋内の LAN 配線 だが、一部の集合住宅・施設では導入コストや技術的な面で困難な場合があり、既存設備の同軸ケーブルの活用が求められることがある。


サーコム・ジャパンは中国を中心としたアジア圏で年間12万台を出荷する EoC ネットワーク装置を基に国内市場向けにカスタマイズした ODM 製品を提供する。

EAV112 および EAV424 は、既設のテレビ受信設備の同軸ネットワークを利用し、新たに LAN 配線などの工事を必要とせず、ネットワークを導入できる製品。