トレンドマイクロは、スマートフォン/タブレット端末向けセキュリティソフト「ウイルスバスター モバイル」の最新版を 10月30日から店頭で販売する。トレンドマイクロ・オンラインショップでは、すでに販売中。最新版では、不正アプリを端末にダウンロードする前に検知し、感染を未然に防ぐ機能を新たに搭載した。

ウイルスバスター モバイルは、スマートフォン/タブレット端末向けセキュリティソフト。不正サイトや不正アプリの対策、盗難/紛失時の端末探索やデータバックアップなどの機能がある。


最新版では、Android OS で Google Play から端末へアプリをダウンロードする前に不正アプリを検知し、感染を未然に防ぐ「ダウンロードブロック」機能を搭載した。この機能は、アプリのダウンロード元からアプリの情報を取得し、同社のクラウド型アプリ評価サービス「Trend Micro Mobile App Reputation」と照合することで、端末内に不正アプリをダウンロードする前に、不正アプリを検知できる。また、端末の設定を最適化し、バッテリの消費量やメモリの使用量を削減する機能も搭載している。iPhone/iPad(iOS)では、端末の通信量をチェックし、通信量を可視化する。

トレンドマイクロ、不正アプリのダウンロードを未然に防ぐ「ウイルスバスター モバイル」を販売開始
トレンドマイクロ、不正アプリのダウンロードを未然に防ぐ
「ウイルスバスター モバイル」を販売開始