一時存続が期待された Twitter 連携画像共有サイト「Twitpic」だが、最終的に米国時間10月25日にサービスを終了させることとなった。サービス終了を最初に発表したのは9月4日で、その後9月17日に「買収されることにより Twitpic を継続できる」としていた。買収条件で合意に至れず存続の望みが絶たれたようだ。

「やっぱり、Twitpic やめるってよ」、Twitter 連携の画像共有サービスが10月25日で終了
サービス終了、継続、終了の発表が並ぶ
Twitpic の公式 Twitter アカウント

Twitpic は、Twitter と連携して写真共有が行える画像共有サービス。2008年2月より運営されている。Twitter に写真投稿機能が搭載されたのが2011年ということもあって Twitpic は重宝され、現在も多くの人が利用している。Twitpic というサービス名称は2008年のサービス開始当初から使っていた。これに対し Twitter 社から使用を止めるよう求められ、継続使用する場合は Twitter 用 API アクセスの拒否をほのめかされ、サービス終了に追い込まれた。


サービス停止にともない、Twitpic に投稿された写真とビデオは削除される。各ユーザーの設定ページからエクスポートできるそうだ。