講談社、火山を解説する電子書籍「Q&A 火山噴火」を無料公開--御嶽山噴火を受け
Q&A 火山噴火
講談社は、日本の火山について分かりやすく解説した「Q&A 火山噴火」の電子書籍版を期間限定で全文無料公開した。多数の死者を出した御嶽山噴火を受けた動きだ。

「Q&A 火山噴火」は、科学系新書「ブルーバックス」の1冊。日本火山学会が編集し、2001年に講談社が刊行した。


今回は同学会の賛同を得て、「はじめに」から第9章までの全10章を、それぞれ PDF 形式で無料公開している。御嶽山については、第2章と第4章に若干の記述がある。いずれも公開期間は11月30日まで。

御嶽山噴火により、活動中の火山への監視体制の見直しが求められる一方、趣味としての登山が普及している現状から、一般人も火山に関する最低限の知識を持つことが重要だと考えたと、講談社は説明している。

大規模な災害をめぐる同様の動きは過去にもあった。2011年の東日本大震災とそれに続く福島第一原子力発電所事故に際して、講談社など出版各社は原発に関する電子書籍を無料公開し、適切な知識を得るよう促した。