米国 Facebook は、Facebook 上で利用できる言語に関西弁を加えた。これにより、世界中どこからでも、関西弁の表現が載った「日本語(関西)」版の Facebook を利用できる。デスクトップ、およびモバイル端末のブラウザ向けサイトからも利用できる。

関西弁で Facebook
関西弁で Facebook

「日本語(関西)」版の Facebook では、「いいね!」が「ええやん!」となり、「コメントする」が「つっこむ」となる。


Facebook 内のどのページからでも言語を設定できる。デスクトップからは、ニュースフィードの右側コラムの一番下にある現在の利用言語をクリックすると、利用可能言語一覧のページが現れる。その中から、「日本語(関西)」を選択すると設定できる。

モバイルブラウザからは、Facebook のモバイルサイト内のページ左上に表示されるナビゲーションバーのマークをタップし、表示して、下までスクロールし、[アカウント設定] > [一般] > [言語]をタップする。「日本語(関西)」を選択すると設定できる。

Facebook ではこれまでも、様々な国や地域の言語に加え、「English (Upside Down)」(英語[逆さまバージョン])や「English (Pirate)」(英語[海賊バージョン])など、遊び心のある言語を加えてきた。