Twitter と連携する画像共有サイト「Twitpic」は、米国時間9月25日にサービスを終了させる。創業者の Noah Everett 氏が Twitpic の公式ブログで明らかにしたもの。サービス終了の理由について、同氏は「Twitpic アプリケーションの商標は当社が持っているが、数週間前に Twitter 社から使用を止めるよう求められた。止めなければ Twitter API の使用ができなくなるかもしれない、と警告された。我々の会社は、Twitter 社のような大企業に対抗するだけの体力を持っていない。そこで、Twitpic の停止を決断した」と述べる。

Twitter 連携の画像共有サービス「Twitpic」が突如終了へ、なぜ今更 Twitter は商標問題を持ち出した?
サービス終了を告げる公式ブログの記事
(出典:Twitpic)

Twitpic は、Twitter と連携して写真共有が行える画像共有サービス。2008年2月より運営されている。Twitter の写真投稿機能は2011年まで搭載されなかったこともあって Twitpic は重宝され、現在も多くの人が利用している。


Twitpic の商標は、2008年のサービス開始当初から利用しており、2009年には USPTO(米国特許商標庁)に登録申請済み。この Twitpic 商標に関する異議申し立て期間中に Twitter 社から接触があり、API アクセス拒否をほのめかされたという。

なお、サービス停止にともない Twitpic に投稿された写真とビデオは削除されてしまうが、Everett 氏は「エクスポート機能の提供時期を数日中に案内する」とした。

サービス終了を告げるブログ記事の最後で、Everett 氏はユーザーに対する感謝の気持ちを述べている。その内容は以下の通り。

「個人的な話になりますが、私(@noaheverett)からお礼を言わせてください。Twitpic を通じて6年にもわたり、ユーザーのみなさんの生活の一部となり、みなさんが体験を共有することを手助けできて感謝しています。このことは、心から誇りです。Twitpic を運営することで、多くのことを学びました。たくさんミスをして学習もしました。悪いときも、素晴らしい日々もありました。最後に、みなさんありがとうございました。Twitpic で共有した日々をずっと大切にします」

ユーザーへの感謝を Twitter に投稿する皮肉な状況 (出典:Everett 氏の Twitter アカウント)
ユーザーへの感謝を Twitter に投稿する皮肉な状況
(出典:Everett 氏の Twitter アカウント)