キヤノンマーケティングジャパン(キヤノン MJ)は、家庭向けインクジェット プリンタの新たな最上位モデル「PIXUS MG7530」を発表した。NFC 対応スマートフォン/タブレットで簡単に印刷/スキャンできるアプリケーション「PIXUSタッチ」との連携、タブレット向け印刷/編集アプリケーション「Easy-PhotoPrint+(EPP+)」の提供など、スマ―トフォン/タブレット利用者の印刷行動を増やす方向へ機能強化を施した。

さらに、PIXUS MG7530 ベースの女性向けモデル「PIXUS Atelier MG7530F」も数量限定で販売する。女性が好むであろうデザイン/パッケージを施すだけでなく、プリンタを使ったオリジナル雑貨作りに活用可能な専用アプリケーションや Web サイト、体験スクールなどを用意し、印刷に対する女性の潜在需要を掘り起こす考え。


キヤノンが「PIXUS Atelier MG7530F」で女性市場を開拓、家庭用プリンタ/スキャナ/コピアの新型フラグシップ機
女性向けモデル PIXUS Atelier MG7530F

新たな最上位モデル PIXUS MG7530
新たな最上位モデル PIXUS MG7530

価格はいずれもオープンで、想定市場価格は3万円前後。発売時期は9月上旬の予定。

PIXUS MG7530 シリーズは、現行の上位モデル「PIXUS MG7130」の後継。印刷解像度が最高 9,600×2,400dpi、6色インク、前面2段カセット、スキャン光学解像度 2,400×4,800dpi など、基本的なスペックは変わっていない。おおよそのサイズが幅435×奥行き370×高さ 148mm、重さが約 7.9kg で、MG7130(466×369×148mm、8.2kg)に比べやや小さく軽くなった。

PIXUS MG7530 のボディカラーは、インテリアになじみやすい「WHITE」「BROWN」と、アクセント カラーとして「BLACK」、そして「デザイン家具を求める層を意識した」という新色「ORANGE」の4種類。一方、女性向けの PIXUS Atelier MG7530F は、専用カラー「エクリュベージュ」を採用した。

PIXUS MG7530 のカラー バリエーション
PIXUS MG7530 のカラー バリエーション

【女性向けプリンタに求められるもの】

本記事では、PIXUS MG7530 シリーズのなかでも特に女性ユーザーの獲得を目指す PIXUS Atelier MG7530F を詳しく紹介する。

キヤノン MJ によると、現在プリンタ利用者は男性が多く、利用シーンは年賀状需要に偏っているそうだ。利用者を増やすためには、未開拓な女性層をターゲットとする必要がある。そこで、女性の毎日の生活に着目した。

女性を取り巻く環境の特徴は、(1)幼稚園や小学校など子どもを中心とする行事やコミュニティが多く、子どもの成長をママ友と共有したり親戚などに知らせたりしたい、(2)「身の回りのものを手作りしたい」「お洒落をしたい」といった欲求がある、とのこと。そこで「もっと『女性』の『毎日』によりそう『PIXUS』へ」というコンセプトを掲げ、「頭の中で描いたステキがどんどん形になっていく」「お家のアトリエのようなプリンタ」の実現を目指した。

「お家のアトリエのようなプリンタ」を目指す PIXUS Atelier MG7530F
「お家のアトリエのようなプリンタ」を目指す
PIXUS Atelier MG7530F

具体的には、以下のような PIXUS Atelier MG7530F 専用のアプリケーションなどを用意して、女性に家庭でもっと印刷してもらおうとしている。

●専用スマ―トフォン アプリケーション「PIXUS Atelier PRINT」:スマートフォンで撮影した写真などを使って、写真だけでなくラベルやギフトボックスなどを簡単にプリントできるアプリケーション。デザイン、操作性、UI の言葉遣いなどを女性向けにカスタマイズした。

●プリント レシピ サイト「Atelier Gallery」:PIXUS Atelier MG7530F で作ることのできるメッセージカード、ランプシェードなど、さまざまな雑貨の作り方を紹介する Web サイト。購入者だけでなく、購入を検討している人もアクセスできる。定番の雑貨だけでなく、ハロウィンやクリスマスなどのシーズンにも合わせた提案も行う予定。

●女性向け雑貨作り体験型スクール:PIXUS Atelier MG7530F で行える雑貨作りを、Atelier Gallery の雑貨レシピで実際に体験できる講座。「品川キヤノンデジタルハウス」で開催する。当初は購入者限定のスクールとして運営するが、将来は PIXUS ユーザー全体を対象にする可能性がある。

そのほかに、PIXUS Atelier MG7530F 本体も操作画面のデザインを女性向けに調整し、製品パッケージや説明書に花柄をあしらうなど女性指向とした。しかし、プリンタとしての性能は PIXUS MG7530 と変わりなく PIXUS シリーズで最も高いので、ハイスペックを求めがちな男性が家庭内で機器選択権を握っていても満足してもらえるだろう。

操作画面のデザインを女性向けに調整
操作画面のデザインを女性向けに調整

【PIXUS MG7530 シリーズの強化ポイント】

PIXUS MG7530 シリーズ全体としては、以下のような点が強化された。

●NFC/Wi-Fi でワンタッチ印刷/スキャン「PIXUSタッチ」:ユーティリティ アプリケーション「PIXUS Print」を起動した NFC 対応スマートフォン/タブレットを PIXUS MG7530 にかざすと、自動的に NFC 連携した後に無線 LAN(Wi-Fi)接続して、印刷データやスキャンデータがやり取りされる。ワンタッチでデータ送受信が行えるので、パソコンを経由させたり、Wi-Fi 接続をしたりする手間がかからない。

NFC/Wi-Fi でワンタッチ印刷/スキャンを可能とする 「PIXUSタッチ」
NFC/Wi-Fi でワンタッチ印刷/スキャンを可能とする
「PIXUSタッチ」

●EPP+:写真/画像の編集や補正、加工が行える、タブレット向けの Web アプリケーション。カレンダー/カード作成、コラージュといったことも行える。PIXUS MG7530 だけでなく、2013年秋以降に発売された「PIXUS クラウドプリント」対応プリンタであれば利用可能。

そのほかには、スキャンしたデータを Gmail などの Web メールでファイル添付メールとして送信したり、下書きに保存したりできるようにした。さらに、スキャン データをクラウド ストレージに保存する「Scan to ストレージ」機能において、「OneDrive」「Google Drive」を利用可能とした。

なお、キヤノン MJ は PIXUS MG7530 に加え、家庭向け製品として「MG6730」「MG5630」も9月上旬に発売する。Wi-Fi 対応のコンパクト モデル「iP110」は11月上旬発売。

さらに、企業向けインクジェット プリンタ/MFP の新ブランド「MAXIFY」を冠した新シリーズ「MB5330」「MB5030」「MB2330」「MB2030」「iB4030」を10月に発売する。