東芝のスマートロボットクリーナー新製品、「TORNEO ROBO」(トルネオ ロボ)は、「高精度赤外線センサー」と「超音波センサー」を備え、室内の障害物・壁・隅の位置を正確に検知し、70以上の行動パターンから選んで掃除する、ゴミの取り残しの少ないロボットクリーナーだ。

これまでのロボットクリーナーには難しかった隅、壁際、家具の周囲のゴミも掃除できるように、ブラシの回転軸を本体外周近くにし、ブラシ毛の長さも従来機種より24ミリ長くした、2本の「サイドアームブラシ」を採用した。部屋の隅のゴミを99%以上取り除くことができるようになったそうだ。


また、ゴミ捨ての手間を1か月に1回程度までにするために、スマートロボットクリーナーが掃除終了後に戻る充電台「ダストステーション」に、集塵したゴミを吸引する機構を備えた。

内蔵カメラと通信機能を備えたものもあり、東芝のホーム IT システム「フェミニティ」に接続、留守宅の様子を撮影して、外出先からスマートフォンで画像を確認できる。

販売開始は9月上旬から順次。

東芝、留守番もできるスマートロボットクリーナーを発売
トルネオ ロボ、3色を用意