ゲーム/SNS大手の GREE(グリー)と出版大手 KADOKAWA 、ゲーム開発の AZITO の3社は、新たな擬人化ゲーム「城姫クエスト」を開始した。グリーのスマートフォン向け Web サイトで遊べる。PC には非対応。

「艦」の次は「城」、KADOKAWA とグリーが新たな擬人化ゲーム開始
城姫クエスト

最近、介護や保育などの異業種参入が目立つ グリー だが、ゲーム分野も引き続き力を入れている模様。KADOKAWA と協力して運営する新ゲームは、日本の城を女性に擬人化し、戦わせるという内容。KADOKAWA と DMM.com による軍艦の擬人化ゲーム「艦隊これくしょん(艦これ)」を彷彿とさせる。


ゲーム画面
ゲーム画面

城姫クエストはもともと、KADOKAWA グループの月刊漫画誌「月刊コミック電撃大王」で2013年に連載を開始したイラスト企画。複数のイラストレーターが日本全国の名城を擬人化していく内容で、現在では毎月1〜4の城のイラストが登場している。

グリーはゲーム化にあたって「擬人化ブームの次期を担う」と銘打っており、艦これのような人気を期待していることがうかがえる。ユーザー獲得のため、8月15日より、利用登録するとゲーム中のアイテムが受け取れるキャンペーンなどを実施中だ。

ゲームは基本無料で、アイテム購入などで課金が発生する。対応環境は NTT ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルから販売している Android 2.3 以降を搭載したスマートフォン、もしくは iPhone 4S 以降。