米国 Amazon.com が、スマートフォン/タブレット対応のモバイル決済サービス「Amazon Local Register」を開始し、「Square」「PayPal Here」「Coiney」といった先行サービスと争うことになった。Amazon.com は自社サービスの強みとして、他社よりも低額な決済手数料や、同社の提供するカスタマー サービスなどを挙げている。サービス利用に必要なカードリーダーは、すでに販売を始めている。価格は10ドルだが、Amazon.com は最初の決済時に10ドル払い戻すとしており、実質無料で入手可能だ。

Amazon.com がモバイル カード決済「Amazon Local Register」開始、手数料の安さが強み
Amazon.com がモバイル カード決済市場に参入

Amazon Local Register は Square/PayPal Here/Coiney と同じく、スマートフォン/タブレットのイヤホン端子にクレジットカード/デビットカード用のカードリーダーを取り付け、カードを通すことでモバイル環境で決済を行えるようにするサービス。小規模な店舗や移動販売店、屋台などでもクレジットカード決済が行えるようになり、利用者である店舗と来店者の双方にメリットがある。利用者には、決済額の一部が手数料として課金される。


屋台でもクレジットカード決済が可能に
屋台でもクレジットカード決済が可能に

Amazon Local Register の決済手数料の料率は、カード スキャン(スワイプ)時が2.5%、カード番号入力時が2.75%で、Amazon.com によると Square/PayPal より安い。月額料金が発生せず、長期契約を結ぶ必要がない。さらに、10月31日までにユーザー登録した利用者は、スワイプ時の料率が2016年1月1日まで特別に1.75%となる。

決済サービス用のモバイル アプリケーションは、iPhone/iPad 向けの iOS 版、各種スマートフォン/タブレット向けの Android 版、Amazon.com 製タブレット「Kindle Fire」およびスマートフォン「Fire Phone」向けの Fire OS 版を、それぞれ無償提供している。