トレンドラボは、2014年夏に公開された映画に関連する、ネット上での潜在的な脅威を調査した。それによると、ソーシャルエンジニアリングの「エサ」として、最も多く利用された映画は「22 Jump Street」で、「トランスフォーマー/ロストエイジ」と「マレフィセント」がそれぞれ2位、3位につけた。またストリーミングサイトを宣伝するために利用された Web サイトとして、最も多かったのが「Tubmlr」で、「WordPress」、「Blogspot」が続いた。

ソーシャルエンジニアリングに利用された2014年夏の映画
ソーシャルエンジニアリングに利用された2014年夏の映画

ストリーミングサイトを宣伝するために利用された Webサイト
ストリーミングサイトを宣伝するために利用された Webサイト

さらに映画に関連した URL へのアクセス数が最も多い国は米国で、オーストラリア、インドがその後に続いた。


ストリーミングサイトへのアクセス数が多い国
ストリーミングサイトへのアクセス数が多い国