ソニーが4月に設立した不動産会社「ソニー不動産株式会社」だが、予定通り、8月1日に営業を開始した。

「ソニー不動産」の本社は、第一号店舗の銀座オフィス内にあり、銀座オフィスでは、一般の顧客向け売買仲介サービスと、賃貸管理を中心としたプロパティマネジメントサービスを行う。


「ソニー不動産」では、米国型エージェント(代理人)制度を導入して公平なサービスを行い、手数料を「率」から「額」に合理化、新しい情報システムを活用して、顧客ニーズを追求する。

ソニーでは最近 PC 事業から撤退するなど大幅な構造改革を行っており、不動産事業への進出もその一環。

ソニーがまったくの異業種である銀行業界に進出し、「ソニー銀行」を開始したのは2001年だった。「ソニー不動産」も「ソニー銀行」のように成功するかもしれない。

ソニー不動産が銀座で営業開始、米国流エージェント制を導入
「ソニー不動産」トップページ