日本製マンガやアニメの違法コピーが横行して久しいが、ようやく、経済産業省がその対策に本腰を入れるようだ。

経済産業省は7月30日、日本のマンガ・アニメの正規版コンテンツのリンク集「Manga-Anime here」を公開するとともに、約580作品を対象に、5か月に渡る集中的な海賊版削除を開始すると発表した。


日本のマンガ・アニメの海賊版被害は近年が拡大しており、文化庁が平成24年度に行った調査では、北京・上海・広州・重慶の中国主要都市における日本コンテンツの被害額は年間約5,600億円と推計された。また、経済産業省が平成25年度に行った調査では、米国におけるマンガ・アニメのオンライン海賊版の被害額は約2兆円だそうだ。

深刻な海賊版被害に対応するため、2013年7月、経済産業省の呼びかけで、出版社とアニメ関連企業による「マンガ・アニメ海賊版協議会」が発足、「Manga-Anime Guardians Project(MAGP)」を推進することになったそうだ。

MAGP では、8月1日から、マンガ約500作品、アニメ約80作品について、約5か月に渡り集中的に海賊版を削除する。マンガ・アニメの「本物」への正規版リンク集サイト「Manga-Anime here」も開設した。

なお、この事業は、経済産業省平成25年度補正予算「コンテンツ海賊版対策強化事業」(コンテンツ流通促進に向けた海賊版対策支援事業)の委託事業として、コンテンツ海外流通促進機構(CODA)が実施している。

経産省、マンガ・アニメ海賊版の集中削除プロジェクトを開始
正規版コンテンツのリンク集トップページ