米国 Adobe Systems は、アプリケーション開発やWeb デザインなどに役立つアイコンやブラシ、テンプレートなど高品質な素材を入手できる「Creative Cloud(CC) Market」を開始した。サブスクリプション(定額課金制)サービス「Creative Cloud(CC)」に加入していると、毎月500個まで無料でダウンロードが可能だ。

CC の PC 向けアプリケーションを導入し、「アセット」「Market」の順にメニューをたどると、CC Market から素材のダウンロードを行える。PC 向け、モバイル向け両方の素材を手に入れられる。


Adobe、アイコンや UI などデジタル素材の「マーケット」開設、Creative Cloud 会員向けに
Creative Cloud Market (出典: Adobe Systems

具体的な素材の種類は以下の通り。

配置用
:レイヤーを整えマスクを適切に設定した PSD 形式の写真とデジタルテンプレート

ユーザーインターフェイス:レイヤーを設定した PSD 形式の素材で、モバイル用および Web 用のフルキット、フォーム、チャート、ナビゲーション、ウィジェットを含む

ベクトルシェイプ:Photoshop、Indesign、Illustrator と統合できる SVG 形式の拡大縮小可能なオブジェクトおよびシェイプ

アイコン
:印刷物、Web サイト、標識などに使える PNG/SVG 形式の字形、輪郭、平面、 3D 画像

パターン:PNG/SVG 形式で、無限に繰り返すことができる幾何学、イラスト、テクスチャのパターンと背景

ブラシ
:ABR/TPL 形式の、Photoshop 向けナチュラルメディアブラシおよび抽象ブラシ

今のところユーザーが直接自分の作成した素材を公開したり、販売したりはできない。ただし Adobe は素材を同社のクリエイター向け SNS「Behance」から調達しているので、そちらに投稿すれば、CC Market に無料の素材として並ぶ可能性はある。