アイロボットの日本総代理店セールス・オンデマンドは7月4日、自動で床の拭き掃除を行う「床拭きロボット ブラーバ380j」をアイロボットストアで発売する。

床をぞうきん掛けしてくれるお掃除ロボット、アイロボットの「ブラーバ380j」
床をぞうきん掛けしてくれるお掃除ロボット「ブラーバ380j」

ブラーバ380j は、フローリングやタイルなどの硬い床を水拭きまたはから拭きできるお掃除ロボット。体力的な負担の大きい拭き掃除を、ボタンひとつで実行可能にする。


ベッドやソファの下など、拭き掃除が困難な場所も清掃できる
ベッドやソファの下など、拭き掃除が困難な場所も清掃できる

ブラーバ380j は、位置情報の正確な把握を可能にする「NorthStar(ノーススター)ナビゲーションシステム」を搭載。各種センサーの働きで部屋の形状や家具の配置などを把握し、入り組んだ家具の間の床面も、見落とすことなく清掃する。

各種センサーの働きで、家具の間も床面もきれいに
各種センサーの働きで、家具の間も床面もきれいに

付属の「NorthStar キューブ」を部屋の中心のテーブルや棚などの高い場所に設置すれば、ブラーバ380j はより正確な位置情報の把握が可能になり、清掃精度を高めることができる。

「NorthStar キューブ」を設置すると、より正確な位置情報の把握が可能に
「NorthStar キューブ」を設置すると、より正確な位置情報の把握が可能に

ブラーバ380jの清掃モードは、「ウェット」と「ドライ」の2つ。「ウェット」モードはモップ掛けするように前後に動きながら移動する。専用のクリーニングパッドに水を入れることで、広い床面であってもパッドが常にウェットな状態で掃除でき、掃除機では取りきれなかった皮脂汚れや、食べこぼしのあと、花粉、ハウスダストも丁寧にふき取れる。

「ウェット」モードでの動作
「ウェット」モードでの動作

一方、「ドライ」モードは直進しながら、障害物の場所でターンを繰り返し、平行移動しながら室内を清掃する。「ドライ」モードでは、市販の使い捨てお掃除シートを装着して清掃することも可能。

「ドライ」モードでの動作
「ドライ」モードでの動作

「ドライ」モードでは、市販のお掃除シートを使用可能
「ドライ」モードでは、市販のお掃除シートを装着可能

ブラーバ380j は、水拭きに適さない畳やカーペットなどには対応していない。