NTT コムウェアは、2014年3月に FFRI が開発した MITB 攻撃対策製品「FFRI Limosa(エフエフアールアイ リモザ)」の独占販売契約を締結した。阿波銀行では、「ai-mo」(ネットバンキング)の不正送金被害から利用者を保護するため、この FFRI Limosa を採用し、7月1日より利用者へ提供を開始する。

NTT コムウェア、MITB 攻撃対策製品の独占販売契約を締結し、阿波銀行が採用
NTT コムウェア、MITB 攻撃対策製品の独占販売契約を締結し、阿波銀行が採用

同製品は、従来型の攻撃検知ソリューションとは仕組みが異なり、MITB 攻撃でネットバンキングユーザーの端末に未知のマルウェアが送り込まれても、Web ブラウザを保護する。


また、ユーザーがネットバンキングサイトにログインする際に、自動的に保護モジュールを Web ブラウザに適用し、ユーザーが自らセキュリティ対策製品を事前にダウンロードする必要がないため、ネットバンキング利用者を自動的に保護できる。

MITB 攻撃とは、Man In The Browser の略であり、ネットバンキング利用者の端末に侵入したマルウェアが、Web ブラウザを不正に操作することで、認証情報の奪取や不正送金を行うサイバー攻撃のひとつ。