ヤフーは、本社を旧「グランドプリンス赤坂ホテル(赤坂プリンス)」跡地に移転すると発表した。事業拡大による従業員増加への対応と、オフィス機能の集約が目的。2016年5月から順次進めるという。

ヤフー、「赤プリ」跡地に本社を移転、新ビルの「メインテナント」に
オフィスエントランス イメージ

ヤフーの本社は現在、東京・赤坂の「東京ミッドタウン」内にあるが、これと東京・六本木「アークヒルズ サウスタワー」にある同社別オフィスの従業員を、新本社に移す。


新本社は、2011年3月末に営業を終了した赤坂プリンス跡地に、西武ホールディングス子会社の西武プロパティーズが開発を進めている「紀尾井町プロジェクト」だ。

紀尾井町プロジェクトは、赤坂プリンスの旧館を保存しつつ、オフィス、ホテル、商業施設からなるビルと、賃貸住宅の合計2棟を建設する。ヤフーはオフィス部分24フロアのうち20フロア分に入居する「メインテナント」になる。ここは、東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線、銀座線、丸ノ内線という地下鉄5路線が利用しやすい立地が特徴となっている。

オフィスロビー イメージ
オフィスロビー イメージ