日立ソリューションズは、地図上で船舶の動向を可視化する「船舶位置情報サービス」の提供を6月23日に開始する。世界中で航行する船舶のリアルタイムの位置情報を地図上に表示し、位置の検索や船速、航行の軌跡などの情報を提供することで、海事関連業務における経営戦略の策定や船舶運航管理を支援する。価格は年間498万円(税別)。

日立ソリューションズ、地図上で船舶の動向を可視化するサービスをクラウドで提供開始
航行の軌跡を表示する画面例

同サービスは PC 上の Web ブラウザからアクセスして利用する。地図上で関心のある海域の状況確認や船舶位置の把握ができる空間検索機能は、海域や航路に着目した造船/傭船の需要予測に役立つという。メニューアイコンからは、船舶絞り込み表示機能や、フリーキーワード/船舶スペック検索機能などにも素早くアクセスできる。


また、利用者の要求に応じたカスタマイズも可能で、業務に密着したサービスを実現できるという。

同サービスは、米国の調査会社である IHS の海事部門「IHS マリタイム」が提供する、船舶のリアルタイムな位置情報と詳細属性情報を使用している。