ヤフーのチケット販売サービス「Yahoo!チケット」が復活した。新たにエイベックスグループのエイベックス・ライヴ・クリエイティヴ(ALC)と提携している。

ヤフーのチケット販売サービス「Yahoo!チケット」復活、今度はエイベックスと提携
復活した Yahoo! チケット

Yahoo! チケットは、ぴあと提携して2004年に開始したが、2011年にはいったんサービスを打ち切っていた。今回は提携相手を変えての再参入となる。


2013年の有料音楽配信市場は、2009年に比べ約24%減少して3,121億円となる一方、2013年の国内ライヴ・エンターテインメント市場は、2009年から約1.8倍の2,318億円まで増加している。

こうしたデータからヤフーは、ライヴ・エンターテインメント市場を今後の音楽業界における成長株と見込んでおり、同分野にあらためて力を入れる。とはいえ音楽だけでなく、演劇、スポーツなどの公演チケットも取り扱う。

以前と同じく、Yahoo! JAPAN ID を持っているユーザーは誰でもログインでき、簡単にチケット購入が可能。決済方法はクレジットカード、コンビニエンスストアでの支払い、Yahoo!ウォレット、ペイジーだ。受け取り方法は、郵送のほかコンビニも選べる。有料会員サービス「Yahoo!プレミアム」ユーザー向けの特別先行販売もあるという。