エムティーアイは、同社の運営する女性向け健康情報サイト「ルナルナ」で提供中の健康管理機能を、他企業が自社サービスとしてスマートフォンや PC 向けの Web サイト/アプリケーションに組み込める API サービス「ルナルナ Link」を発売した。

「ルナルナ」の生理予測システムを自社サービス化できる「ルナルナ Link」開始
ルナルナのロゴ

ルナルナの健康管理機能は、過去の生理日を入力すると、次の生理予定日や排卵日の予測、妊娠しやすい時期/しにくい時期などを表示する機能が特徴。生理周期からみた、その日の肌の状態や、美容/ダイエットに適した時期なども知らせてくれる。


ルナルナ Link では、生理開始日/終了日の登録、生理日/排卵日予測、基礎体温登録といった基本機能をパーツ化し、API サービスとして提供する。これにより、企業側は新たなシステムの開発をすることなくルナルナの機能を導入できる。

複数のサービス間でデータを引き継げる
複数のサービス間でデータを引き継げる

第一弾として、NTT ドコモの富士通製スマートフォン「ARROWS NX F-05F」にプリインストールされる健康支援サービス「からだライフ」の、女性向け健康支援メニュー「からだライフ 妊娠サポート」に導入され、5月30日から提供されるという。