ニコンの子会社であるニコンインステックは、3D 形状計測装置「P3D NC−2323S」を7月1日に発売する。価格は標準セットで380万円(税抜)。

ニコンインステック、ポータブル型 3D 形状計測装置を発売
ポータブル型 3D 形状計測装置「P3D NC−2323S」

「P3D NC−2323S」は、自動車の試作や製造の現場などを対象としたポータブル型 3D 形状計測装置。対象物に向けてシャッターを押すと3次元データを取得できる。


本体にはセンサー部と演算部、操作部を搭載しており、計測したその場でデータを確認することが可能。付属品の専用ソフトウェア「P3D Viewer」を用いると、取得データのバックアップや複数のデータの連結、3D プリンターとの連携なども行える。

同製品は、5月21〜23日にパシフィコ横浜で開催される「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展 2014」に出展される。