立命館守山中学校/高等学校と、電通国際情報サービスのオープンイノベーション研究室は、クラウドと SNS を組み合わせた、適応学習(アダプティブラーニング)を実現する「RICS(Ritsumeikan Intelligent Cyber Space) プロジェクト」を立ち上げた。

立命館守山中高でクラウドと SNS を組み合わせた教育サービス開始
適応学習を実現する
RICS(Ritsumeikan Intelligent Cyber Space) プロジェクト

同プロジェクトでは、生徒が自分の習熟度に合わせて、クラウド上に蓄積されたデジタル教材を選択し学習できる仕組みを、授業に取りいれている。また SNS 機能を活用し、生徒が教師や他の生徒に質問ができたり、教材の推薦などが効率的にできるような仕組みを提案している。


初年度は、中学校/高等学校1 年生全員と担当教師、合わせて約500名が iPad を持ち、英語と数学の2 教科からサービスをスタートするという。

今後、対象教科や教材提供元を段階的に拡充していきたいとしている。