キヤノンソフトウェアは、Web 会議システム「IC3」用の新たなクライアント アプリケーションとして、画面デザインや操作性を iPad に最適化させた iPad 専用アプリケーション「IC3 for iPad」を5月14日より提供する。IC3 ユーザーは、App Store から無償ダウンロードできる。

キヤノンソフト、Web 会議システム「IC3」向けの iPad 専用アプリ、広い画面に最適化させ操作性を向上
IC3 for iPad
iPad に最適化させスムーズな操作性を実現

IC3 は、キヤノンソフトが2005年より販売している Web 会議システム。機能を絞ったシンプルな操作性が特徴で、Windows パソコン、Android スマートフォン/タブレット、iPhone/iPad といった iOS デバイスで利用できる。


既存の iOS 版クライアント アプリケーションは画面の狭い iPhone を意識したデザインとなっており、何らかの操作をするには画面をタップしてメニューを出して行う必要があるなど、会議への集中が妨げられやすかった。

同じ操作の手順が減少 上:既存 iOS 版アプリ 下:IC3 for iPad
同じ操作の手順が減少
上:既存 iOS 版アプリ
下:IC3 for iPad

今回リリースする IC3 for iPad は、iPad の画面が広いことを生かし、画面に会議参加者の映像だけでなく、画面切り替え/拡大縮小、カメラ/マイクのオン/オフなどの操作ボタンを配置。タップやフリックといった動作で、スムーズに使えるようにした。キヤノンソフトは、今後ほかのプラットフォーム用のクライアント アプリケーションも、段階的に IC3 for iPad を踏襲したものに変えていく考え。

アプリ共有なども同一画面から操作可能に
アプリ共有なども同一画面から操作可能に

IC3 の利用形態は、ユーザーの用意するサーバーで購入したソフトウエア パッケージを運用するオンプレミス型と、キヤノンマーケティングジャパン(キヤノン MJ) が ASP サービスとして提供する「IC3 月額利用サービス」の2種類。税込み価格は、ソフトウェアパッケージ版が95万円から、ASP サービス版が初期費用1万円から、月額料金9,800円から。

IC3 月額利用サービス (出典:キヤノン MJ)
IC3 月額利用サービス
(出典:キヤノン MJ)