半導体大手の米国 Intel の投資部門 Intel Capital は、日本の自動運転技術の開発企業、ZMP に投資する発表を行った。投資の詳細は公開されていないが、投資は自動車の技術革新に特化した「インテル コネクテッド カー」基金を通じて行われる。

ZMP はこの投資で、自動運転や運転支援技術の開発を加速させる。
 
2001 年に設立された ZMP は、カー ロボティクス プラットフォームや各種センサーシステム、画像認識、技術コンサルティングや実車実験支援、コネクテッド カー向けインフォマティクスなど、自動運転技術の開発と販売を行っている。


ZMP の自動運転開発パッケージ「RoboCar」では、顧客が自動運転技術や、先進安全技術、運転支援システムを開発したり、車両情報や外部環境データを収集・計測・分析できる。

米インテル、日本の自動運転技術の開発企業、ZMP に投資
ZMP のトップページ