クックパッドはシンガポールの DAPUR MASAK の株式を取得、完全子会社化する。DAPUR MASAK は、2011年5月に設立。インドネシアのレシピサービス「Dapur Masak」を展開し、シンガポールに本社を置く。クックパッドとは2013年10月に出資提携をしていた。

クックパッド、シンガポールのレシピサービスを完全子会社化―インドネシアへ本格展開
インドネシアのユーザー参加型レシピサービス「Dapur Masak」

今回クックパッドは、株式の60%に当たる42万7,500株を、既存株主で創業者の一人であるソエジアント氏から約6,100万円(60万米ドル)で取得し、株式保有割合を100%(712,500株)に引き上げた。インドネシアへのサービスの展開を本格化させる動きが見える。


「世界 No.1 のレシピサービス」を掲げるクックパッドは、目標ユーザー数1億人を目指す。スペイン語、英語、インドネシア語、日本語圏などの主要語圏でのサービス提供を拡大しており、米国ではGoogle Play レシピアプリランキング1位で月間ユーザ数100万人に達する「allthecooks」、スペインでは App Store レシピアプリランキング1位で、スペイン以外からのアクセスも7割を占める「Mis Recetas」なども手掛ける。両サービスとも今年の1月に運営会社から持分取得や事業譲り受けなどを行っていた。