サイボウズは、中小企業向けグループウェアの最新版「サイボウズ Office 10.1」を発売した。トップページからスケジュール登録ができるようになったほか、スケジュールを iCalender 形式で出力可能になった。クラウド版は1ユーザーあたり月額500円(税別、以下同じ)から、パッケージ版は10ユーザーで6万3,800円から。

グループウェア「サイボウズ Office 10.1」発売--スケジュールを Google カレンダーでも利用可能に
サイボウズ Office 10.1

サイボウズ Office のユーザーが最もよく使うスケジュールまわりの機能強化が特徴となっている。まずトップページから画面を切り替えなくても簡単にスケジュールの登録ができる。営業先で次回の面会の約束を決めるなど、予定をすぐ押さえたい場合に役立つ。


またユーザーのスケジュールを、iCalender 形式で出力できる。Google カレンダーなど個人で使っているカレンダーアプリケーションに、サイボウズ Office 10.1で作成したスケジュールを取り込める。

外部のカレンダーアプリにスケジュールを取り込める
外部のカレンダーアプリにスケジュールを取り込める

これに加え簡易データベース機能「カスタムアプリ」機能でユーザーに通知を送る際、宛先指定のコメントができる。事前設定しなくても必要に応じて必要な相手に連絡できる。宛先指定時は氏名を入力するだけでユーザー候補があらわれるようになっている。

なお、キャンペーンとして9月末までの期間限定で、サイボウズ Office シリーズの既存ユーザーは15%割引で購入、利用できる。